FC2ブログ

Profile

るかるかβ

今年も繁忙期突入!
寝て待ちたいけど
 そうもいかぬ現実
そんな目が死んでる
  ヲタが運営してる
辺境開拓地へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大願成就!! J1復帰!!

やった!
やりました!!
やり遂げました!!!

昨日開催のJ1昇格プレーオフ決勝・対福岡戦にて、試合結果はドローながらも規程により昇格3枠目に滑り込み出来ました!

  P1040941.jpg

試合の間ずっとチャントを続け、時に叫び、時に頭を抱え。
アディショナルタイム突入後の福岡の攻めには肝が冷えっぱなしで f(^^;
終了のホイッスルが鳴り響きこの一年の全てが報われた瞬間のあの感覚を、嗚呼、何と表現したら良いのか…。
共に参戦していた相棒は泣き出すし (^^)

思えば一年前の11月3日、降格が決定した瑞穂のスタンドで顔を伏せ慟哭したあの絶望感。
でもそれは、降格と言う現実の始まりでしかありませんでした。
その後、チームを襲った激震…相当数の選手に対する戦力外通告と、逆に選手の方からの移籍希望…それはチームを維持できなくなる、正に「チーム解体」にも等しい有り様。
そこには降格の元凶となった小倉体制を作ったフロントへの、深刻な不信感も連動していました。
誰が悪くて、何が事実だったのか…飛び交うマスコミ報道やネット上の噂・憶測なども絡みに絡んで、何が何だか解からないカオスな状況。
このままズルズルと痩せ細っていき、J1昇格も望めないポジションに落ち込んでしまうのではないか…そんな恐怖も覚えました。

しかし、それでも希望は生まれてゆきました。
去りゆく選手たちの一方で、楢崎さん、田口さんを始めとした、チーム残留を表明してくれた選手達。
こんなカオスな状況にも関わらず、移籍先に名古屋を選んでくれた佐藤選手。
他からのオファーを蹴り、名古屋の為に帰ってきてくれた玉田選手。
そして、チーム再生を託された風間監督。

私は、これまでJ2降格組がJ1再昇格を目指す為には、まず現有戦力の維持と継続したチーム作りが必須というのが常識だとの印象を持っていました。
対して名古屋は、前シーズンとはほぼ顔ぶれが変わる中、文字通り「チーム再建」と「J1昇格」を平行して目指さなければならない。
加えて、風間サッカーの構築には時間が掛ることが、先輩である川崎サポさんから度々忠告されてもいました。
これはもう、今までに行われたことのない“実験”が行われようとしていると…そう実感させられたのです。

故にこそ、私も相棒も長い目で見てゆこうとの覚悟を以って、この1シーズンに臨んだのですが…。
とは言え、中々と結果が伴わなかったり。
一時は、プレーオフ圏外にまで順位が落ちたり。
…そんな激しい浮沈の中で、目指す目標設定がJ2優勝から自動昇格圏になること、そしてプレーオフ圏内と修正され続けねばならず。
兎に角、気を揉む、気を病む、そんなシーズンでした。

結果的に一年での昇格を決められたから良かったとは言え、これをもう一年続けるなんて…考えただけでもゾッとしますわ (^^;;;;
本当に、昇格を決められて良かった…良かった。

この一年間を闘い抜いた、選手、スタッフ、フロント陣、そしてファンやサポ…名古屋に関わり続けた全ての方々に、敬意と感謝を!
そしてこの一年で得たものを糧に、次のステージへ!!
…いやもう、実際に二度と降格もプレーオフも御免ですよ (^^;;;;

  P1040940.jpg



しかし、現実はシリアスです。
昨晩の歓喜が明け、既に来季の選手たちの去就が取りざたされ始めています。
いや、時期的には仕方ない…むしろ、プレーオフの為に棚上げされていた話しなのですから。
既に話しに上ってきているネームには、昇格へ大きく貢献した選手も上げられて来ています。
まだ、確定情報では無いとは言え…寂しいなあ。
出来れば、今季の面々でそのまま来季に臨みたくもあるのだけれど、次を目指す為には避けて通れない決断なのかもしれない。
まあ、どのみち暫く静観するほかはないのですけれど…。
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。