FC2ブログ

Profile

るかるかβ

今年も繁忙期突入!
寝て待ちたいけど
 そうもいかぬ現実
そんな目が死んでる
  ヲタが運営してる
辺境開拓地へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎名的雑記 ~小学館文庫版『GS美神』・第19巻&第20巻&第21巻!

ここ暫く文庫版購入記事落してたんで、もうまとめてw

  GSsb192021 (1)

と言うワケで、3冊分一挙列挙。



先ず、第19巻

収録エピソードは…
 「そして船は行く !!」(1~2)
 「GSの一番長い日 !!」(1~9)
 「甘い生活 !!」(1~5)
 「疑惑の影 !!」(1)
の、足かけ4エピソード。
エピソードつっても、もうずっとアシュタロス編が継続してる状態ですが f(^^;

連載時、この後どんな方向に『極楽』が向かっていくのか、正直、個人的に判りかねてきた時期でもありました。
進むルシオラのヒロイン化の一方、メフィストからの美神さんとの縁も持続しつつ、そして「疑惑の影 !!」編からの芦の登場…。
キャラの相関がどこを軸に展開していくのか、読み切れないじれったさを感じながら毎週の展開を待っていたのを思い出します。

さて、この巻の「My GS」は…。

  GSsb192021 (2)

大柿ロクロウ先生でした!
『絶チル』のスピンオフ作品・『アンリミ』のコミカライズ担当ってことで、椎名ファミリー的な位置付けでしょうか。
加えて、現在「サンデー」にて『シノビノ』連載中ってことで、サンデー連載同僚枠でもありますね。
あ、大柿ヴァージョンのおキヌちゃん可愛いw



続いて、第20巻

収録エピソードは…
 「疑惑の影 !!」(2~3)
 「ジャッジメント・デイ !!」(1~15)
の、2エピソード。
モチ、この巻もオール・アシュ編!
長きに渡って続いてきたアシュ編もいよいよクライマックスとなる巻です。
つか、もう完全にルシオラがヒロイン f(^^;
美神さんのポジショニングが非常に薄くなってしまっていて、モチロン、ここいら辺の連載当時としての盛り上がりは作品としての成功の証だったのは間違いないのですが、連載開始時からの一本の作品として『極楽』を俯瞰しようとする時、この展開の選択がベストだったのかどうか…今もって読み返していても判断付きかねます。
椎名先生御本人がどう捉えていたのかも気になるところですが…その辺については次巻に持越し。

で、本巻の「My GS」。

  GSsb192021 (3)

おお!
遂に来たー!!
アニメ版『美神』スタッフから、加々美高浩さん!!
以前に今後のゲスト寄稿者予想として、『美神』アニメ関係者枠を上げておったのですが、あれから一年半も経過して漸く来ました!
文庫版刊行のタイミングが『極楽』の連載25周年でもあったり、アニメのブルーレイBOX発売も被ってたりのため、あの時は対抗馬枠としていたのですが…。
だもんで、もっと早く採用されると思っていたのに、予想外に時間が掛かってしまいましたね>アニメ関係者枠 f(^^;
まあでも、やっとこ加々美さんの加々美さんの描き下ろしイラスト(しかも、やっぱメチャ上手い!)を堪能出来、感無量。
寄稿文の方も、当時の思い出話しを交えたもので、大満足でした (^^)



やっと追いついたw…ってことで、第21巻

収録エピソードは…
 「ジャッジメント・デイ !!」(16~20)
 「エピローグ:長いお別れ」
 「ファイヤースターター !!」(1~2)
 「ドリアン・グレイの肖像 !!」(1~2)
 「賢者の贈り物 !!」
 「フォクシー・ガール !!」(1~2)
 「マイ・フェア・レディー !!」
 「ザ・ショウ・ゴーズ・オン !!」(1~2)
 「沈黙しない羊たち !!」
の、足かけ9エピソード。
遂にアシュ編が完結、その後はまるで仕切り直しを企図したかの様に、かつての『極楽』みたく短編構成のエピソードが続きました。
いえ、私個人としては、椎名先生はかなり意図的に初期っぽい構成を採られたのではないかって思いながら当時読んでいましたね。
私は、アシュ編はモチロン楽しんで読んでおりました。
でも一方、かなり長く続いたが故に、そしてルシオラと言う作品史上無比のキャラクターが生まれてしまったが故に、元々『極楽』を『極楽』たらしめていたライトでパロディとしてのメタな構造をも自壊させてしまっていた…とも考えていまして。

椎名先生は、連載中はどんな思いでアシュ編を綴り続けていたのだろう?…って気にもなっています。
「ファイヤースターター」編では、ド初っ端から美神さんにぶっちゃけさせちゃってますしね… (^^;;;;

  GSsb192021 (5)
  (ぶっちゃけ?)

その後の展開も含め、まだまだルシオラ熱の冷めていなかった当時の一部ファンの方々にとって、イロイロと引っかかった模様で、ネット界隈じゃちょいと騒がしくなったのも今や懐かしい話し。
まあ、完結から時間の経った今ですと、また椎名先生の想いも別なものになっているかもしれませんけれど、当時の先生の思いをお聞きしたかったな…。

ともあれ、アシュ編を終え、伏線回収も済んだためか、実に伸び伸びとしたエピソードが続きまして。
殊に本巻収録の「沈黙しない羊たち !!」は、『極楽』作品史上屈指のヤバいネタwww
世界宗教人口の3割以上に喧嘩を売るかの様なこのネタ、大好きですw

そんな本巻の「My GS」は…

  GSsb192021 (4)

榎本ナリコ先生でした!
いや、イラストも2点御寄稿と言う手の入れ様ですが、今回はそれ以上に寄稿文が素晴らしい。
流石は野火ノビタさん。
正味2頁ほどの寄稿文なのに、『絶チル』と絡めた小評論文にもなっていて、実に読ませてくれます。
こういう密度の高いオマケ要素、大好物です!



さて。
さてさてさて。

とうとうアシュ編も終え、文庫版も先が見えてまいりました。
ただ、ここでふと思うのは…あれ、サンデーコミックス版やワイド版準拠で行くと、あと1巻じゃ納まりきれないし、2巻だとかなり頁が余りそう?

ひょっとしたらこの文庫版…最終巻に「トゥモロー・ネバー・ダイ !!」と「ブレイク・ユア・ディスティニー」もブチ込んで来るんじゃないの?
『GSホームズ』以外の外伝を全収録してくれるんじゃないかな?…って期待中です (^^)
おお、そうするとこの文庫版、更にファン的にもかなり高付加価値なレーベルになりそう?

スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。