FC2ブログ

Profile

るかるかβ

今年も繁忙期突入!
寝て待ちたいけど
 そうもいかぬ現実
そんな目が死んでる
  ヲタが運営してる
辺境開拓地へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンズ購入 【オーストラリアサッカー連盟 他2点/エンブレム・ピンズ】

世界の祭典、終演!
フランス代表、優勝オメ!!
強いなあ…でも、疲労度のハンディを考えると、クロアチアの粘りも凄かった。
今回のW杯は、強豪国の早期敗退も相次ぎ、非常に先読みし難いスリリングな楽しさがありました。
個人的にはベルギーのスタイルに惚れてしまいまして…ああいったサッカーを名古屋で出来ないモノかなあ…。

で、サッカー絡みでピンズ紹介の続きです (^^)



先ずは、今ロシア大会にもアジア枠から出場した、オーストラリアサッカー連盟(Football Federation Australia)のエンブレム・ピンズ。

  pin_na_em (4)

これまた不思議なデザインで…調べてみたけれど今一つ解かりませんでした f(^^;
黄色と青色で表裏をカラーリングされたリボンで描いた球体…これが何を指すのかは不明(恐らくは地球だと思うのですけれど、ソースが見つからず)。
ただし、そこにあしらわれている五つの星は、オーストラリア国旗にも使われている南半球の象徴である南十字座でしょう。
それ以外は解かりかねますので、また何か由来が解かったらこちらに追記します。

オーストラリアサッカー連盟は、元々はサッカーが盛んとは言い難く、以前はオセアニアサッカー連盟に加盟してましたが、2006年からアジアサッカー連盟に転籍、以降は実力を加速度的に蓄積して今やW杯本大会出場を争う、アジアの強力なライバルに成長されました。
個人的にも、名古屋に所属されたジョシュア・ケネディ選手などで馴染みも深く、今後も良きライバルでいたいものです。

なお、本エンブレムはサッカー連盟のエンブレム(ロゴ)であり、今回のW杯に出場している代表チームでは、そのユニフォームにはこれとは違うパターン、国章に基づくデザインがエンブレムとして使われていました。

  pin_na_em (4)32 (代表エンブレム)
  pin_na_em (4)5 (オーストラリア国章)

また、このピンズはオフィシャル商品で、裏面には…

  pin_na_em (4)2

「(C)FOOTBALL FEDERATION AUSTRALIA 2009」と刻印されてます。



次は、同じくアジアサッカー連盟所属国から…中国サッカー協会(中国足球协会、Chinese Football Association)のエンブレム・ピンズ。

  pin_na_em (5)

デザインとしてはかなりシンプル…円形の中に描かれているのは、紫禁城ですね。
中国の歴史的建造物であり、ユネスコの世界遺産にも登録されていますが、中国にとってシンボリックな存在ということでしょうか?
そう言えば、全人代のエンブレム(?)にもあしらわれてますね f(^^;
また、画像からは見難いですが、サッカーボールの中央には「CFA」と記載されてます。
これは、中国サッカー協会の英語の略記ですね。

中国は、まだワールドカップ本大会には出場実績はありません。
ただ、選手の体躯は非常に恵まれている上に、競技人口の裾野がメチャ広い、加えて昨今の国内景気にも支えられてサッカー人気も上がっており、そういったポテンシャルを背景に今後の伸び代が未知数な存在です。
現況、些かラフなプレーも目立ちますが、本来の体躯の良さに特化したパワープレーを身に着けると怖い存在になりそうですね。



で、もう一点。
アメリカ合衆国サッカー連盟(United States Soccer Federation)のエンブレム・ピンズを2点。

  pin_na_em (6)  pin_na_em (7)

いずれも旧ヴァージョンで、現行エンブレムとは異なります。
左のモノが、1984~1992年に使用されたヴァージョン。
右のモノが、2001~2016年に使用されたヴァージョン。(厳密には、2001~2006、2006~2014、2014~2016で若干異なる様なのですが、私には良く解りません ^^;)
ちな、2016年から使用されている現行ヴァージョンはこちら。

  pin_na_em (7)3

エンブレムのヴァージョンについては、こちらをご参照ください。

  つ【United States Soccer Federation @Logopedia

まあ、デザインについては…星条旗をモチーフとしているっぽいですし、実にアメリカっぽいなあ、としかw

なお、右のピンズについては、裏面に刻印有りでオフィシャルなモノと思われます。

  pin_na_em (7)2

「FIFA WORLD CUP SOUTHAFRICA 2010」と書かれており、2010年の南アフリカ大会の頃のピンズの様です。

で、アメリカ代表は、今回のロシア大会こそ予選落ちでしたが、実は第1回のウルグアイ大会から出場経験があり、1990年のイタリア大会からは7大会連続出場、内ベスト8が1回、ベスト16が3回と、日本以上の履歴と戦績。
サッカーがマイナーな国なのに、やっぱスポーツ大国としてのポテンシャルは凄いと言うべきか…そもそも、移民によるサッカー人口の裾野も広い様ですしね。
今後の動向も気になる国ではあります。



と、言うワケで、今回は3か国、4種類のピンズをUP。
個人的には中国のピンズと、アメリカのビンテージ物の入手が嬉しかったですね (^^)

  pin_na_em (b)
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。