FC2ブログ

Profile

るかるかβ

今年も繁忙期突入!
寝て待ちたいけど
 そうもいかぬ現実
そんな目が死んでる
  ヲタが運営してる
辺境開拓地へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンズ購入 【イタリアサッカー連盟 他3点/エンブレム・ピンズ】

さあ、J1も再開しました!
名古屋、早速負けましたが… orz
いやいや、兎も角、ホーム再開初戦となる明日の広島戦こそ大事。
また暑くなりそうですが、現地参戦の予定です…今度こそ勝利を!!(マジお願い…

で、サッカー絡みでピンズ紹介の続き(今回でひとまず最近入手済みのものは一通りUPです)。
今回は、各国サッカー協会の4カ国分…いずれも、W杯ロシア大会の本大会には出場が叶わなかった国々です。



まずは、イタリアサッカー連盟(伊:Federazione Italiana Giuoco Calci)のエンブレム・ピンズ。

  pin_na_em (8)

本品もオフィシャルのピンズですね。
本エンブレムは、2006年から2017年にかけて採用されていたもので、現行エンブレムとは異なります。

ちな、現行エンブレムは、2017年10月に発表され、2018年から代表ユニホームの胸にも飾られています。

モチーフカラーは、イタリア国旗(イタリア三色旗、トリコローレ)由来。
尚、代表チームのイメージカラーである青は、このエンブレムでも用いられてますが、この青色は、イタリア王国時代の国旗に由来するとか(王国国旗は、中央に王家・サヴォイア家の紋章を青枠で囲って配していた)。
中央部分の「FIGC」はイタリアサッカー連盟の略記(イタリア語表記)。
内部に配された4つのステラ(星)は、勿論、W杯優勝回数を示しています。

なお、歴代エンブレムは以下のとおり。

  pin_na_em (8)2
  (画像クリックで拡大)

本ピンズは現行エンブレムの1代前のヴァージョンですが…案外と頻繁に変わってるんですね f(^^;



続いて、王立オランダサッカー協会(Koninklijke Nederlandse Voetbalbond)のエンブレム・ピンズ。

  pin_na_em (9)

冠をかぶったライオンは、王室の象徴…ライオンはオランダの国章に使われていますが、その源流は、王家のルーツであるナッサウ家の紋章とのこと。
また、代表チームのチームカラーでもあるオレンジ色が使われていますが、このオレンジも16世紀のオランダ独立戦争の中心人物・オラニエ公(オレンジの意)に由来。
そんな感じで、王家とのの関連が極めて深いデザインですが…まあ、そもそも協会の名称からして「王立」が冠されているくらいですからね (^^)
なお、下部に配された「KNVB」は、協会名の略記(オランダ語表記)です。

ちなみに、このピンズ、長径部分で約1cmと非常にコンパクトなサイズ。
実は、最も私好みのサイズなんですが、その割に造りはとても良いもので、意匠部分は単なる印刷でなく印刻された物です。
中古市場で入手したので出自は不明ですが、これだけのシッカリした造りだとオフィシャル物でないかなと思います。



続いて、トルコサッカー連盟(Türkiye Futbol Federasyonu)のエンブレム・ピンズ。

  pin_na_em (10)

市販のオフィシャル・グッズです。
その意匠、上半分のモチーフはシンプルであり、トルコ国旗(月星章旗)と同じ「三日月と星」。
下半分には、サッカーボールと連盟の設立年である「1923」が配されてます。。
なお、この「三日月と星」のデザインは、イスラム教のシンボルとして少なくない国家で国旗などに使われてます。
トルコは、2002年W杯の時、決勝トーナメント・ラウンド16で日本と対戦、日本を下したんですよね…これも懐かしい (^^)
しかし、それ以来、W杯本大会までは進めておらず…欧州の枠はホントに競争が厳しいなあ…。



最後に、ウェールズサッカー協会(Football Association of Wales)のエンブレム・ピンズ。

  pin_na_em (11)

こちらも市販のオフィシャル・グッズです。
デザインの特徴は、見たまんま…レッドドラゴンの意匠。
このウェールズ国旗にも使われいる“赤い竜”は、ケルトの建国伝承で、かつて大地が出来た頃に地震や災厄を起こしていた“黒い竜”を退治し、ケルトの地に平和を齎したとされています。
また、緑と白のカラーは、ウェールズのもう一つの象徴であるリーキ(西洋ねぎ)の色でもあり、国旗内でも使われています。

  Flag_of_Wales.png (参考:ウェールズ国旗)

その緑の枠内に描かれているのはラッパ水仙の花で、プレイヤー11人を象徴するもの。
下部に配された文字「GORAU-CHWARAE・CYD・CHWARAE」は、「チームプレーを第一とする」の意。
なお、このピンズは現行エンブレムで、2011年から使われてます。
以前のヴァージョンは、こちら(↓)を参照。

  つ【Football Association of Wales @Logopedia

まあ、ベースとなるデザインはそのままで、マイナーチェンジ的な変化ですね。



  pin_na_em (c)

と言うワケで、3回に渡って入手した各国サッカー協会(連盟)物のエンブレム・ピンズをUPしました。
正直、各国のクラブチームのエンブレム・ピンズまで手を広げると収拾付かなくなりそうなので(と言いつつも、これまでちょくちょく購入して来てるんですが ^^;)、国レベルまでなら気の向くままの蒐集も良いかなって思ってます。
とは言え、有名所の国以外は、中々と市販品も見当たらないのですが…。
ま、あくまで趣味の世界ですし、ボチボチと楽しんでいきます (^^)


※エントリのタイトルが間違ってたので修正しました。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

 
Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメント&情報ありがとうございます!
お察しの通りその件につきましては対応済みでして f(^^;
丁度、商品も届いたので、今しがた購入記事を新規UPしたところです。

いや、本当に長崎の再販より先に、Y.S.C.C.の商品化が来るとは思いませんでいた。
これなら沼津あたりもその内に販売してくれないかなあ…と、ちょっと期待しております (^^)
また何か情報に気付かれましたら、よろしくお願いいたします m(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。