FC2ブログ

Profile

るかるかβ

今年も繁忙期突入!
寝て待ちたいけど
 そうもいかぬ現実
そんな目が死んでる
  ヲタが運営してる
辺境開拓地へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【購入本覚え】買った本りすと【8月分】

昨年12月以来、なし崩し的に購入本リストをUPしてなかったのですが。
いや、単に面倒臭くなっただけの話しw
ただ、元々このカテゴリーの記事は、あくまで“自分の為の”覚書きでして。
どこかに書き留めておかないと、都度都度、「あれ?これってもう買ったっけ???」的な惑いが起こってしまう。
年喰ったせいか、私の記憶キャパもいい加減圧迫されまくりなもので f(^^;;;;
実際、この8カ月ほどの間、本屋で度々迷ってしまう事があったんですよね…それ以前でしたら、場合によってはこの覚え記事をチェックして、(あ、買ってたわw)となる事もあったワケなのですが。
加えて、直ぐに読まないで積読状態の本も少なからずあるので、後々の確認の為にもやはり買った本を明記しておくのは、非常に有意。
結局、自分的にはこのカテゴリは在った方が便利な様だってことが、この8カ月程の間で思い知らされました。

つーワケで、淡々と自分向けに上げて行く事とします。
基本、下書き記事内に購入本を書き留めていき、一カ月に一度、月末日にその月に購入した分を纏めて記事として上げて行く方式。
基本は雑誌や本のタイトル&作者&出版社(orレーベル)のみで。
新刊本購入を対象として、古書は除く。
気が向いたら、都度都度、コメントを付す感じ。
投降日付は、月が替わっていても遡りで月末日で上げて行く予定。
まあ、大雑把ですけど、基本的に依然と同じフォーマットですね。

よし、では8月購入分をUPだ!



【雑誌】
週刊少年サンデー 毎号
ジャンプSQ 9月号
ビバリウムガイド No.78 (2017年9月号)
ゲッサン 9月号
サンデーGX 9月号
週刊モーニング No.39
少年サンデーS 10月号
ヤングキング アワーズ 10月号
J LEAGUE SOCCER KING 10月号

【コミック】
『言ったでしょ!あんごるもあちゃん (2)』  菅原健二  ドラゴンコミックスエイジ
『GS美神 極楽大作戦!! (13)』  椎名高志  小学館文庫
『だめてらすさま。 (3)』  藤木 俊  少年サンデーコミックス
『銀の匙 (14)』  荒川 弘  少年サンデーコミックス
『絶対可憐チルドレン (49)』  椎名高志  少年サンデーコミックス
『十 ~忍法魔界転生~ (11)』  せがわまさき(漫画)・山田風太郎(原作)  ヤンマガKCスペシャル
『龍眼RT (3)』  藤山海里  ニチブンコミックス
『エスパー魔美 (8)』  藤子・F・不二雄  てんとう虫コミックス

【小説】
『賭博師は祈らない (2)』  周藤 蓮  電撃文庫
『霊感少女は箱の中 (2)』  甲田学人  電撃文庫
『なれるSE! (16)』  夏海公司  電撃文庫

【その他】
皆川亮二本  小学館

【Kindle】
『宇宙を駆けるよだか (1)~(3)』  川端志季  マーガレットコミックスDIGITAL
『タイムスリップオタガール (1)~(2)』  佐々木陽子  ポラリスCOMICS
『新装版 度胸星 (1)~(4)』  山田芳裕  KCデラックス モーニング
『響~小説家になる方法~ (7)』  柳本光晴  ビッグコミックス
『マージナル・オペレーション (9)』  芝村裕吏(原作)・キムラダイスケ(漫画)  アフタヌーンコミックス
『ようこそ実力至上主義の教室へ (1)~(2)』  衣笠彰梧  MF文庫J



●ビバリウムガイド
…初めて買った雑誌w
そもそも、爬虫・両生類の飼育自体には興味ないのだけれど…

   KBN_1708 (1)

表紙が長良さんだったもので f(^^;
あと、鯨川先生のインタビュー記事も。
自分の守備範囲趣味じゃないけれど、その分、見知らぬ世界を興味深く眺めさせていただきました。
個人的には、爬虫類にも両生類にも苦手感覚は皆無なので、そこは問題ないのだけど…

  KBN_1708 (2)

よりにもよって、ヒヨケムシの特集号だったという罠w
いやいやいや、奇蟲関係はちょっと初心者にはキツいです、はい (^^;;;;
しかも、おまいら…それ、何喰ってやがんだwww

●『度胸星』
新装版が出てたのですが、懐かしくて購入。
まあ、キンドル故に気軽に購入したって側面はありますが…。
ヤングサンデー連載時に毎回楽しんでいたのですが、久々に読んでみて…改めて、打ち切り終了が惜しい作品だと実感しました。
(後に、作者さんの意欲の問題を耳にした時、こんなことならファンレター書いときゃ良かったと後悔。)

『ふたつのスピカ』や『宇宙兄弟』に先んじての、宇宙飛行士選抜物の先駆的作品であり、後発の作品が行ったプロットを本作であらかた展開済みと言うw
加えて、地球外知的生命体との(絶望的なまでの)コンタクトも同時進行で展開される見事な構成。
うーん、連載当時のワクワク感が蘇って来ちゃった (^^)
続きを読みたいけど…講談社さん、折角版権取ったのだからアフタヌーンとかでどです? (^^)
時を経たからこそ可能性もあると思いたいですし、何とか山田先生を説得してくれないかなあ…。
スポンサーサイト

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

コメント

 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。