FC2ブログ

Profile

るかるかβ

今年も繁忙期突入!
寝て待ちたいけど
 そうもいかぬ現実
そんな目が死んでる
  ヲタが運営してる
辺境開拓地へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋グランパス ファンクラブ2018

もう、そんな季節かあ…とシミジミ。
来季に向けてグランパスファンクラブの更新案内が届いたのですだよ。

  G8FC2018_0.jpg

来季も、相変わらずの金額別コース設定でいかれる模様。
ちな、私は前季・今季とプラチナコースを選択してきていました。

  昨年の記事 ⇒【「名古屋グランパス・2017年ファンクラブ」についてのあれこれw
  一昨年の記事⇒【名古屋グランパス 2016年ファンクラブ 移行手続き完了!
         【名古屋グランパス ファンクラブの仕様変更にあたって・・・

でまあ、次もプラチナで継続するつもりで、もう年会費分のお金・3万円分は貯めてあったのですけどね。
ただ、ちょっと悩ましい事態が。
来季の特典比較表がコチラ。

  G8FC2018.png
  (画像クリックで、公式HPのPDFが開きます。)

これまでのプラチナコースの一つの売りが、「プラチナ My Name ユニフォーム」で、コース入会者には漏れなく貰えるプレゼント特典だったのですが。
これが来季からは、単なる「購入権」となるのです。

いや、ユニ購入に選択肢を持たせるみたいな話はどこかで耳にしていたのですけどね。
別に毎年ユニフォームは要らないという人も居るでしょうし、個人的には選択する余地がある方が良いと思っていましたので、むしろそうなった方が良いと思った位なのですが。
何しろ私自身、ユニフォームを調達するのは、そのデザインが一新された時が基本でしたしね。
(ここ2年は毎年デザインが変わってたので、むしろ特典でユニが付いてくるのは願ったり状態ではありました。)

ただ…まさかなあ… (^^;;;;
実質、ユニが付かなくなったにも関わらず、会費が据え置きになるとは思いもしませなんだw

ユニはネーム入り・ファンクラブ会員価格で約1万9千円
これが従来の会費とは別に、更に要り様になるワケです。
うーん、ユニ分が丸々会費下がるとまでは思ってはいませんでしたけど、流石に据え置きとは中々と衝撃的な現実です f(^^;

来季もユニが変更される旨は告知されてますので、私的には購入予定ではあります。
すると、ユニの購入費で別途2万円、年会費含めてトータル約5万円っすか…。
私の場合、更にシーチケも購入するワケで…これは中々の出費になってしまいます。

いや、以前の記事でも触れてます様に、プラチナってそもそもが費用負担的にはお徳感のあるコースではあったのですよね。
むしろ、私的にはそのお徳感こそが最大の売りだったと言っても過言ではない。
だって、コース特典的には、その名に反してプラチナ感が感じられないコースだったのですからw
だから、仮に特典内容が全く同じであった場合、会費が幾らか上がるとかでもそれは未だしも受け入れ易かったと思うのです。

で、今回。
恐らくはユニ特典が無くなる分の補完としてでしょうが、「新体制発表会プラチナ席応募権」・「プラチナ練習見学会」が新たに付加された様です。
(「プラチナパーティー(有料)」も新規特典となってますが、これ去年はやってますしね…以前のGRAPの様なものと考えれば、殊更目新しさはないんですけど ^^;)
また、来季からの全体的な新特典として「来場プレゼント抽選」があるのですけど、コース別に当選確率の設定が変わっている様ですね。

…こうして見ると、スペシャルな部分で幾らかプラチナ感を演出してきている感じですが…でも、どれもコース入会者に均等な特典とは言い難いのも事実。
「新体制発表会」・「プラチナパーティー」は希望者多数だと抽選扱いですし、「練習見学」は社会人的には設定された日(年3回限定)に都合が付くとは限らない。
「来場プレゼント」とて別に全員が漏れなく当選するワケでない以上、確率が多少良くても、ハズレてしまえば同じこと。
特典を眺めやって思うのは…プラチナコースだからこそ持ち得る普遍的なプライドってものに関して言えば、相変わらず薄い印象なのです。

さてさて、どうしたものかなあ…。

まあ、考え方としては“ソシオ的な気持ちで、クラブへの投資ってつもりで出費する”のもアリだとは思います。
ユニだって以前の様に2年に1回の変更位で済むのなら、コチラとしても年割1万円ほどの加算で済む勘定ですから、他を節約する事で何とかなるかな?
正直言って、私も何時までもこのレベルの出費を続けられるほど裕福じゃないですが、働いている内くらいは許してもらおうかなあ…。

ウーン、悩ましい。

つかね。
敢えて言わせてもらえば、やっぱお金でコース別けするのはどうなんだって思えてしまいますけど f(^^;

いや、基本、特典でコースをある程度別けるまでは兎も角、やはり最上級のコースにはその人の“何か”に応える形のものであって欲しいと思うのです。
具体的には、これも以前にも述べてますけど、やはり継続年数に対する敬意みたいな形があればなあ、と。
モチロン、サポーター歴1年目の人が、何年来のサポに劣るとは決して思いません。
しかし一方、既に25年、そして或いは何れは現れるであろう30年、40年、50年の来歴のサポに対して、その変わらぬ想いに対するクラブ側からのレスポンスはあってしかるべきでは、とね。
そういう人たちの為にこそ、最上級のコースを用意すべきじゃないかなって思うんだけどなあ…。


さてさて、世迷い事は兎も角、この数日の内に私もどうするか決めておかないとな。


(同日追記)
そういや、記事投降後に気付いたのですが。
プラチナコース、これまであった人数制限ってなくなった?
って事は、希望者は漏れなくプラチナに入れるってことなのかな?
…うーん、それなら尚のこと、年会費は下げた方が良かった様に思えますけど f(^^;
ホント、クラブ側が一体どんな考え方でコース設定を行っているのか、知りたい気分です (^^)
(/追記ここまで)

スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。